VALUE AIは収益性・安全性・将来価値など資産価値の多角的な分析が可能です。

MENU

「VALUE AI」とは

「VALUE AI(バリューアイ)」はコスモスイニシアの提供する投資用不動産AIサービスです。
同社の持つ豊富な不動産データを元にAIはリーウェイズ株式外社が開発した「Gate.」を活用しています。
一棟投資用物件のオーナーや、アパートとして土地の有効活用を検討している地主をメインターゲットにしていて、将来の収益予測をAIによる高精度で算出します。
Web会員登録するだけで無料利用できる業界初のサービスです。

 

 

VALUE AIでできること

VALUE AI

 

会員登録をして賃料や売却価格に影響を与える重要な情報を入力すると、瞬時にAIが算出したシミュレーション結果を確認できます。
任意項目が多数あるので、詳細情報を入力するほど精度の高いシミュレーション結果になります。

 

収益性・安全性・将来価値など資産価値の多角的な分析が可能になり、設定値を変更しながら不動産投資計画を作っていけます。
現在から5年後、10年後の不動産価値を確認できるので、賃料の予測や空室率、推定キャップレートなどを算出し、具体的な運用計画を提示し、建て替え時期や長期的な収益性を確認できます。

 

キャッシュフロー表の作成、ローン残債の推移、物件評価額・累積資産額の推移等をグラフや一覧表で表示されるので、不動産投資や分析に知識のない人でも利用しやすいと評判です。
老朽化してきたアパートで、建て替えや買い替えをした方がいいのか、設備投資をして修繕し長期運用を続けた方がいいのか比較したい場合に最適な分析ツールです。

 

 

対応エリア、対応不動産

首都圏エリア

東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県内のみの対応です。
対応エリア内でも郊外のデータが少ない地域では利用できない場合があります。
1980年以降での東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県内のマンションにおけるデータを活用していて、3億円以内の不動産投資用物件を中心に扱っています。
3億円以上の査定は内容が異なってくるので、お問い合わせの上ご利用ください。

 

運営会社のコスモスイニシアは東京、大阪、京都に支店を展開しています。
将来的には関西の中心都市にも対応する可能性があります。

 

 

賃料予測精度(誤差率)は4.98%

不動産投資のシミュレーションでもっとも重要な賃料予測精度は誤差率4.98%になっています。
AIによるオンライン査定やシミュレーションの中でも高い精度を確保していることから、コスモスイニシアの顧客を中心に3,000名以上の会員とシミュレーション実績を持っています。
さらに詳しい分析や相談を希望する場合はコスモスイニシアの不動産コンサルタントが個別対応しています。

 

無料利用できるのは集客ツールとしての活用で、会員登録やVALUE AIの利用をすると営業の連絡が来るケースもあります。
それでも、ジャスダック上場でダイワハウスグループの大企業のため、強引な勧誘はしてきません。
興味を持った方は気軽に利用しましょう。