リアルエステートテックとは不動産とITが融合した新しい不動産サービスです。

MENU

「Real Estate Tech」とは

「Real Estate Tech(リアルエステートテック)」は不動産テックとも呼ばれていて、不動産とテクノロジーをかけた造語です。
昨今、話題になっているFinTech(フィンテック)を意識して生まれた言葉でもあり、不動産業界のフィンテックと呼べる存在です。
不動産業者とIT企業がタッグを組んで生まれた新しい不動産サービスで、従来のマンパワーに頼りがちだった不動産サービスをITの力で便利かつ利用しやすくするものです。

 

 

代表事例

  • インターネットを利用した顧客同士のダイレクトマッチング
  • 人工知能を利用した価格推定・物件提案
  • Iotを利用したスマートロック
  • VRを利用した内覧システムや360度ビューシステムなど

 

上記が既に実用化されているリアルエステートテックの代表的なサービスです。

 

ポイントの指す男性

従来の不動産は何をするにも手間がかかりました。業者の査定には信ぴょう性や透明が低く、1社のみの話は信用できず、一括査定を受ける方法が人気です。
一括査定を利用すると、営業連絡の対応に追われるなど手間が増えるデメリットがあります。

 

ほかにも、不動産仲介会社を利用すると高額な仲介手数料を取られることや、仲介会社によってはアットホームやスーモなどの不動産情報サイトへの広告料をケチり、しっかりした販売活動をしてくれないなど、様々な問題点があります。
専任媒介をした業者では、両手取引をするために抱え込みをして、鍵をオフィスで保管して他の業者が手軽に内覧できない環境を意図的に作っています。

 

つまり、不動産業者の中には顧客の利益を最優先しない悪質な運営をしている所が大手を含めて多数あります。

 

リアルエステートテックは、不動産業者に相談しないと査定、相談、内覧ができない問題点をインターネットサービスとITの力で解決するサービスです。
ベンチャーキャピタルの出資で急成長する新参業者も多く、魅力的なサービスを提供すれば実績の低い不動産業者やサービスでも高い集客効果を得ています。

 

リアルエステートテックが進化しながら普及していけば、不動産売買で顧客の知識不足や仲介業者の不適切な販売活動によって損をするリスクを大幅に軽減され、不動産売買をする手間が大幅に削減されることを期待されています。

 

 

適切な売り時を把握できる

不動産売買は多くの方が生涯で数回程度しか経験しないもので、適切な知識を持っていません。
物件ごとに状況が変わってくるので、従来はネットの情報収集だけで個人が最適な売り時を見極めるのが困難でした。
不動産業者に相談すると、媒介契約(仲介するための契約)に繋げたいために、あらゆる理由をつけて、「今売るのがべスト」だと言われます。

 

リアルエステートテックの中でも期待の大きいサービスがAIを活用した価格推移などを予測できるシミュレーションです。
豊富なデータに基づいてAIが算出したシミュレーションや鑑定結果を見れば、売ろうとしている物件が本当に今売ることがベストなのか見極められるようになります。

 

 

不動産仲介業がなくなる?

一部では顧客同士のダイレクトマッチングを行い、仲介手数料無料で利用できるサービスが登場しています。
通常の不動産仲介業者を利用する場合でも、リアルエステートテックの活用によって、仲介業者の行う業務量が軽減され、人員も削減できるように変わってきます。

 

不動産仲介手数料は法律によって上限(主に3%+6万円)が決まっていますが、充実したサービスを行い、仲介手数料の割引が行われていく可能もあります。
スマートロックやVR、360度ビューなどの内覧システムが普及すれば、営業マンと同行して1日かけて複数の物件を回る機会も減ってくるかもしれません。

 

購入を考えている方からの手間も減って、不動産売買は今まで以上に身近に感じられるサービスへ変化すると期待されています。
政府もリアルエステートテックの普及を後押ししていて、重要事項説明のインターネット解禁やデータの一元化に取り組んでいます。