今度の発展の可能性に期待!AIによる収益予測ツールの精度はいかに?

MENU

AIで収益を計算出来るサービスが続々登場

不動産投資では各種指標に基づいて分析することが大切です。
活用されることの多い指標の一例をご覧ください。

 

表面利回り、DCR、実質利回り、Pay back期間 
ROI、NPV、IRR、PAT、EBITDA

 

不動産投資の分析ツールイメージ

投資家やこれから始めようとしている方はもちろん、不動産業者の営業マンですら、すべての指標の定義や正しい分析方法を理解していない方が多いです。
また、表面利回りひとつを取っても、不動産業者によって算出方法が異なるものです。

 

不動産投資で失敗しないためには、将来の予測をすることが大切です。
しかし、分析方法が複雑で不動産業者は利用者が損しないことよりも、目先の成約件数を重視しています。
結果的に数ある指標の中から、その物件にとって都合の良い指標をピックアップして、「この物件はオススメですよ」と紹介されることがあります。

 

当然、適切な分析をされていなければ不動産投資専門業者を利用して物件取得しても、思っていたような運用ができずに損失を出すケースが散見されます。

 

こうした、不動産投資の難しい収益予測の問題を解決するサービスとして、注目されているのがAIを活用した分析ツールです。
すでに複数の不動産業者からAIで将来を含めた収益計算できるサービスがリリースされています。
2017年以降は、新しいAI不動産サービスが続々と登場して業界に激震が走っています。人工知能の精度はどの程度の物なのか?各社のサービスを調査しました。

 

 

注目される「Real Estate Tech」

Real Estate Tech(リアルエステートテック)は不動産×テクノロジーからなる造語で、不動産テックとも呼ばれています。
従来の人任せだった不動産業界のサービスや業務にIT技術を加えることで、今まで以上に便利なサービスと精度の高い分析を可能にするものです。

 

AIで収益を計算出来るサービスもReal Estate Techに分類されていて、業者への問い合わせや商談をせずに、ネット上で高精度の分析ができると注目されています。

 

AIによる収益計算のほかにも、VRによる内覧、チャットによるAI自動回答サービス、参考価格の計算など幅広いサービスがあります。

 

 

AI分析ツールの代表格「Gate.」

AI分析ツール

 

Real Estate Techの中でも特に注目されているのが「Gate.」というリーウェイズ株式会社の開発したAI投資分析テクノロジーです。

 

膨大なデータと独自のキャッシュフロー予測技術によって実現させた未来を見るためのツールで、各種指標の自動算出とグラフ化など、誰でも手軽に将来予測を踏まえた物件の収益性を確認できます。
Gate.は、法人から個人まで幅広い方に情報提供するサービスで、大手不動産業者も多数採用しています。
コスモスイニシアの「VALUE AI(バリューアイ)」など、大手のAI分析サービスにも採用されています。

 

不動産評価の鑑定で日本最大級の規模を誇る日本不動産研究所の「不動研住宅価格指数」を3ヶ月先まで予測するサービスもスタートさせていて、投資物件の賃料予測精度(誤差率)は驚異の4.98%です。
不動産業者は、自社でAI技術を開発しなくても、リーズナブルな月額料金で最新のAI分析ツールを活用することができます。

 

Gate.を採用している不動産業者からは、提案資料の作成時間の短縮や、顧客への説得力アップによって成約率が高まるなど評判が非常に高いです。

 

さらに、無料会員登録のみで収益予測機能を利用できる個人向けサービスもあるので、売買する物件の適正価格や収益予測を知りたい場合の活用に便利です。
オンライン上で幅広い分析結果を確認できることで、業者から説明される内容や物件価格が適正相場なのか確認することができ、不動産投資や不動産売買で失敗するリスクを軽減できます。

 

 

発展途上の分野もある

発展途上

 

AI(人工知能)を活用したツールと聞くだけで興味を持つ方が多いですが、AIにも優秀なものから、まだまだ従来のサービスと大差のないものがあります。

 

野村不動産アーバンネットの提供する、Web上でAIによる自動チャット相談できる「住まいのAI ANSWER」の場合は、特定のワードを認識して、決められたパターンのみの回答をするなど、既存のよくある質問やQ&AのWebページと大差がありません。

 

AIは自動学習機能が付いているので、将来的に発展していく可能性はありますが、現時点では本来の目的である、AIへの相談だけで疑問や不安を解消できるほどの精度はありません。
AIは数字を分析することを得意にしているので、収益予測サービスは不動産テックの中でも実用性と精度が高いと業者や顧客の双方から高い評価を得ています。

 

多くの不動産投資会社で導入されている“AI技術”を貴方も是非試してみてはいかがでしょうか。